全国でも人気の『正雪』はココで生まれてます(^^)

神沢川酒造1

普段はなかなか入れないと思うのですが
ご縁があって蔵元さんの中を見せていただけました
最後には試飲まで…酒好きにはたまらない一時でした

神沢川酒造2

日本酒の吟醸・大吟醸などは造り方だけでなく
精米歩合によっても分けられるそうです

神沢川酒造3

精米されたお米は洗米して水に漬けるのですが
5kgずつ約2分…それも品種やその年の出来で
微妙に調整するそうで…この表を見てもその繊細さが伝わります

お米は最初にふれた水が一番重要なので
とっても神経を使うところですね

神沢川酒造4

社長の望月さんにいろいろ説明をしていただきました
ここは麹室で30度~40度の中で作業するところ…
TVとかで麹を混ぜてるところを見たことがあります

神沢川酒造5

使う道具はほぼ木製で丸みがあり
麹などをどれだけ優しく扱っているか伝わってきます

神沢川酒造6

そして酒母作り・段仕込み・搾り・ろ過・火入れ後
約半年ほど貯蔵タンクに寝かされます。
最後に瓶詰めされて私たちの手元に届けられるわけです

かなりカンタンな説明になってますが
これだけ繊細でたくさんの作業を必要とする日本酒…
これは美味しいわけですね

神沢川酒造7

最後に発売前のものや完売してしまったものなど
試飲させていただきました 幸せ

試飲用だから残っていますが
お酒は『酒造』と『酒販』でしっかりした取り決めがあり
蔵元だから特別なお酒が買えるということはなく
逆に酒屋さんでないと買えないそうです

神沢川酒造8

併設している販売所でも購入できる
冷酒でいただく左の パッション ルリ は494円
このまま熱燗できる右の パッション 黒 は367円と
ちょっとした手土産にもピッタリですよ

神沢川酒造9

㈱神沢川酒造場
 8:30~17:00
 日祝定休
 054-375-2033
 駐車場あり

清水区由比181 庵原消防署近く

大きな地図で見る

特別な情報発信中の無料メルマガ ⇒ 詳しくは こちら
Facebook ページへの『いいね!』 は
こちら
twitter のフォローは
こちら
朝焼け富士山の写真プレゼント中 ⇒ 詳しくはこちら

—–

※掲載の内容はアップ時の情報になります。

良ければポチッと応援お願いします(^^)

LINE公式アカウントでも情報配信中!
友だち追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る